雇用形態の選び方

雇用形態の選び方

工場勤務の雇用形態

工場勤務を希望して就活をしている人は、その雇用形態についても考えどころです。
20代や30代であればまだ正社員の可能性もありますが、40代以上になれば正社員の募集はあまりありません。
ですので、自然とアルバイトや派遣社員、また契約社員の雇用になってきます。
また若い人のなかにも、派遣社員や契約社員を希望する人もいます。
短期的な雇用を希望している人や、さまざまな職場を経験したい人のなかに多くなっています。
初めて工場勤務をするまえに、雇用形態について少し理解しておく必要があります。

 

■長期間、かつ安定した仕事を希望しているのであれば正社員を

 

工場勤務で、長期間かつ安定的に仕事を望んでいるのであれば、最初から正社員を目指してください。
工場を希望する方のなかの多くは、正社員を目指していることでしょう。
正社員になれば、受けられるメリットも増えてきます。
給与や待遇も充実しており、また突然の解雇もありませんので仕事も安心してできます。
そして社会保険や雇用保険といった、セーフティーネットもしっかりしています。
正社員になれば、全ての面で優遇されます。

 

■多くの職場を経験したい人は、派遣や契約社員を

 

派遣社員というのは、派遣会社から派遣されて工場で仕事を行います。
ですので、工場とは直接雇用の関係はなく、派遣会社から直接雇用されます。
また派遣社員を一方的に辞めさせることもできるので、収入も不安定になります。
契約社員は3年ごとの契約更新があり、実際には正社員の登用もあまりありません。
アルバイトは、期限がある場合が多くなっています。
派遣や契約社員、またアルバイトとして働く場合は、そのような労働環境をよく理解しておく必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"