仕事がはじまるまで

仕事がはじまるまで

仕事がはじまるまでの流れ

仕事にもいろいろな職種がありますが、なかには工場での仕事を希望している人もいます。
工場というのはライン作業といった単純作業が多いのですが、もの作りといった面からみたらとても魅力のある職場でもあります。
ですので、志望する人も多いのです。
多くの人たちに役立つ物を自分で作ってみたい、そういう気持ちを抱いて、今日も多くの人が工場で働いています。
この工場で実際に仕事が始まるまで、どのような流れになっているのでしょうか。

 

■正社員は研修制度が充実しています

 

工場勤務では正社員、契約社員、また派遣社員やアルバイトなど、その雇用形態もさまざまです。
正社員の場合は、採用されたあとは多くのところで研修が行われます。
この研修は実際に工場の中で行われることもあれば、工場以外の場所で全員一斉に行われる場合もあります。
そしてその期間は、会社によって変わってきます。
短期間のところもあれば、1カ月以上のところもあります。
そしてその研修が終われば、いよいよ現場での仕事に入ります。

 

■即戦力として求められています

 

契約社員や派遣社員、またアルバイトの人たちは採用面接の前、また終わった後に工場見学を行います。
工場で実際にどういう仕事をしているのか、確認しておく必要があります。
自分の実際の勤務地となる工場を見学し、そこで最終的な判断を行います。
そしてこの時点でもし条件が合わなければ、他の工場に変更します。
工場の仕事内容や雰囲気、またその他の条件に納得すれば、いよいよ仕事がスタートします。
この場合正社員と違って、特に期間を設けて研修することはあまりありません。
工場も即戦力が欲しいので、実際に工場で働きながら研修を受けます。
そして慣れてくれば、いよいよひとり立ちして仕事をすることになるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"