「工場勤務はきつい」は本当?

「工場勤務はきつい」は本当?

工場勤務はなぜきついイメージなのか

工場で仕事をしたことがある人も、結構多いのではないでしょうか。
工場というのは、その職種によって仕事の内容も変わってきます。
専用の作業服を着て行うものや、防塵服と防塵マスクを着用し、クリーンルーム内で作業を行うものもあります。
クリーンルーム内の作業では、目以外は防塵服で覆われていますので、初心者の方はなれるまで時間がかかります。
作業服を着てする仕事、また防塵服と防塵マスクを着用してする仕事、そのどれもが初めは大変ですが徐々に慣れてきます。
ですので、安心してのぞんでください。

 

■夜勤勤務が、きついイメージにつながっています

 

工場勤務と聞くと、きついイメージを持っている人もいます。
仕事なので、きつい部分も出てくるでしょう。
しかし何の仕事もそうですが、慣れてくればそれが普通という認識になります。
しかし工場勤務では、通常の勤務と異なる点があります。
それが夜勤勤務です。
工場の仕事内容、また各工場によって変わってきますが、定期的に夜勤勤務が回ってくることがあります。
これが、きついというイメージにつながっているのではないでしょうか。
日勤と夜勤の繰り返しになれば、体調管理も大変です。
そのなかには、体調を崩す人もいますのでよく注意しておいてください。

 

■徐々に慣れていきます

 

夜勤勤務があれば、初めのうちは確かにきついでしょう。
しかし交代制の工場では、誰でも一度は通る道でもあります。
ですので、その時間帯に体を慣らしていくしかありません。
しかし工場勤務が長い人のなかには、夜勤勤務が苦手な人もたくさんいます。
それゆえどうしてもきついのであれば、日勤勤務に変えてもらってください。
また最初から、日勤勤務だけの工場を選択してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"