持っていたほうが良い資格

持っていたほうが良い資格

資格があれば面接も有利

現在、就職活動を行っている人も多いことでしょう。
さまざまな職種のなかから自分に合った仕事を選択するのは、なかなか難しいことでもあります。
なかには、一度就職したあとで転職をする人も増えています。
実際に仕事をしてみて、初めてその状態が分かる場合もあるのです。
そして就職活動で、工場勤務を希望している人もいます。
工場に就職する時、資格があれば面接も有利になります。
そのような、持っていたほうが良い資格とはどういうものがあるのでしょうか。

 

■さまざまな資格があります

 

まずは、フォークリフトです。
フォークリフトというのは、油圧を利用して動く荷役自動車です。
昇降や傾斜ができる、荷役用のつめ(フォーク)で、荷物を運びます。
倉庫作業でよく活躍していますので、ご存じの方も多いことでしょう。
フォークリフトの荷役操作には、労働安全衛生法で規定された特別教育、また技能講習が必要です。
現在は、独立したライセンスとなっています。

 

次は玉掛けです。
この玉掛けというのは、クレーンなどに物を掛け外しする作業を言います。
この玉掛けは、2004年の法令改正によって現在の表記になりました。
クレーン物を掛ける時は、ワイヤーロープなどを利用して行います。
ワイヤーなどを掛ける場合はもちろんのこと、それを外す場合も玉掛け作業に含まれます。
また掛けた人間と異なる人がワイヤーを外す場合、外す作業にもこの玉掛けの資格が求められます。
とても重要な資格になります。

 

そしてクレーン運転の資格があります。
クレーンは、工場や工事現場などでよく見かけます。
この仕事は玉掛けとも連動してきすので、両方の資格を取得している人も多くいます。
工場勤務をする場合、このような資格があれば面接で有利になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"