「紹介予定派遣」とは?

「紹介予定派遣」とは?

「紹介予定派遣」とは?

働き方も様々ですが、その中には派遣社員として仕事をしている人もたくさんいます。
派遣社員の適用職種が広がってからは、派遣会社の数も増えてきました。
それに伴って、派遣会社に登録する人たちも増加しています。
工場でも派遣として働く人をよく見かけます。そして派遣の中には、「紹介予定派遣」と呼ばれるものがあります。
これはどう言うものなのでしょうか。

 

■紹介予定派遣について

 

派遣社員として仕事をしている人も少なくありませんが、その中には「紹介予定派遣」として仕事をしている人もいます。
紹介予定派遣と言うのは、最長6カ月と言う派遣期間が終了した後、本人と派遣先企業それぞれの合意のもとで社員になる働き方を言います。
紹介予定の派遣社員「Temp To Perm」は、一定期間「派遣」と言う形で働くことにより、現場の仕事内容や職場を見極めることができます。
そのため未経験であっても、希望の仕事に就けるチャンスも出てきます。
さらに自分だけでは見つけることができなかった企業にも出会えるチャンスが広がり、転職活動に対しての労力や時間も大幅に節約できます。
紹介予定派遣として働く人の雇用期間は最大で6カ月となっていますが、平均では3カ月程度になっています。
その間希望する企業、工場で働いて、仕事の内容などを確認することになります。
また本人の頑張り次第によっては、希望する部署に配属されるチャンスも広がってきます。

 

紹介予定派遣の大きなメリットは、自分に合った企業、工場で働きたい人、そしていい人材を採用したい企業、工場にとって、事前に両者がそれぞれの状況を見極められることにあります。
入社の前に実際に行う仕事内容や企業の職場環境、雰囲気などを体験できますので、入社後はスムーズに仕事ができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"