アルバイト・派遣から正社員になるには

アルバイト・派遣から正社員になるには

アルバイト・派遣から正社員になるには

工場勤務においてアルバイトや派遣社員から正社員になるためには、まずその会社の制度として社員登用があるのかどうかが問題になります。社内の規則として定められているかどうかに関係なく、するもしないも会社側の自由ではあるので、過去に実績があった方が可能性は高いとも言えるでしょう。入社前にそれを確認するためには採用時の面接で確認するとよいです。立ち入ったことだとして社内制度についての質問を遠慮する人もいるようですが、自分の働き方にも関わることなので堂々と質問してみましょう。

 

社員登用の実績がある会社であれば、次に考えるのはどのような経緯を経ればそうなれるのかということです。通常、会社にとって有益な存在であって長く勤めて欲しいと思われることが必要なので、まずは与えられた仕事をきちんとこなしていくことが絶対条件にはなるはずです。そのうえで、社員に相応しい働きが期待できる存在だとアピールしなくてはいけません。工場勤務において社員でなくてはいけない仕事とは、専門的な知識が必要な職種のほかには、他の従業員のまとめ役となるポジションです。そのため、工場で働くことそのものではあまり高いレベルで要求されることのないコミュニケーション能力についても、社員を目指すのであれば大切です。積極的に他の従業員とも交流をして、職場の雰囲気作りに貢献できる存在になりましょう。

 

派遣社員の場合は、所属があくまでも派遣元の会社になるので、工場を経営する会社と自分自身のほかに派遣会社との合意も必要になります。派遣の仕方として、一定期間を経過した後には派遣先での直接雇用が前提となる紹介派遣という方法もあるので、事前にそのような派遣方法になっているのかどうか確認しておきたいです。ただし、この場合には直接雇用が前提なのであって正社員でとは限らないので注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"