未経験OK!という募集の本当のところ

未経験OK!という募集の本当のところ

未経験OK!という募集の本当のところ

工場勤務の仕事に限らず、求人広告に「未経験者OK」と書かれているものは頻繁に目にするかと思います。自分がこれまでに経験してきた職種を離れて新しい業界や業種で働きたいという人は少なくないので、そういう人の目には、未経験者でも採用される可能性がある求人情報は魅力的に映ることでしょう。では、このような募集をしている企業では、本当に未経験者での採用されて働くことが出来るのでしょうか。

 

結論を言えば経験がなくても働くことは可能です。もちろん、同じ職種の経験があったほうが育成期間を必要としないので企業にとっては貴重であって、他の要素が全く同じような複数の人が応募してきた場合には、より経験が豊富な方の応募者を採用にするはずです。つまり、経験がなくても大丈夫ではあるけれども、決して未経験者を優遇するようなことはないと考えておいた方がいいのです。

 

一方で、未経験であっても応募できる状態で募集をかけているということは、本当に経験がなくても採用する可能性はあるということでもあります。そして、始めての人でも採用されるかもしれないということは、その仕事の内容は、あまり経験値を必要としないか、あるいは、例えばコミュニケーション能力や論理的な思考などのような他の一般的な基礎能力によって経験の無さを補える職種であることが考えられます。したがって、未経験者の応募も受け付けている求人に応募するときには、未経験でも大丈夫だと高をくくって面接に臨むのではなく、他に自分がアピールできる材料をきちんと用意してそれを明確に伝えるようにしないといけません。自分の長所としてアピールした内容によって将来性を見出された場合に、はじめて採用を勝ち取ることが出来るのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"