工場長の給料

工場長の給料

工場長の給料

工場長とは、その工場で一番に偉い人です。したがって他の従業員よりも高い給料をもらっていると考えるのが普通ですが、実際にいくらくらいもらえるものなのでしょうか。これも会社によってピンからキリまであるので一概には言えませんが、工場長まで勤めるクラスになれば代わりのきかない人材でもあり、年齢もそれなりの人がなっていることからも、それほど安い給料ということはありません。

 

例えば長くその会社に勤めている50代の工場長であれば、その会社の他の従業員と比べてもトップクラスの評価のはずです。ある程度の規模を持った会社であれば、税込みの月給で40万円以上をもらっているかもしれません。これにボーナスが支払われるとして、年収では500万円からそれ以上ということになります。これは一般的な正社員の同年齢くらいの人と比べて同じくらいか、もしくは少し多い程度ですが、大手企業の工場長であれば、さらにたくさんもらっているはずで、年収800万円という話もあります。他の労働条件の全てに言えることですが、やはり会社の規模にもよりますね。

 

工場長をはじめとした管理職の人達が他の社員と比べてたくさんの給料をもらうのは、その分だけ責任が大きくなっているからだと言えます。仮に従業員が30人の工場だとすると、平社員と比べて工場長の責任範囲は30倍になるので、そう考えてしまうと割にあわない仕事なのかもしれません。しかし、現実の問題として、あまり利益を生まない正社員であってもその生活を賄わなくてはいけませんし、工場長が30倍もの給料をもらったところで使い道がないかもしれません。実際にはどんなに多くても平社員の3倍ていどが限度でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"