工場勤務はコミュニュケーションゼロでもOK?

工場勤務はコミュニュケーションゼロでもOK?

工場勤務はコミュニュケーションゼロでもOK?

仕事は組織で行うことも多いので、部署や班、また同僚など、仕事の打ち合わせなどどうしてもコミュニケーションは必要になってきます。
しかし工場となるとまた話は変わってきます。工場での実態はどうなっているのでしょうか?

 

■工場勤務でのコミュニケーションについて

 

工場はその規模や種類、また人数などによってコミュニケーションの取り方も変わってきます。
まず朝礼の時にお互いコミュニケーションを取って、今日一日の作業確認を行います。
また班長や主任などまとめ役の人は、部下に対して仕事の指示を行います。
そして同じ班の人同士で仕事の分担など、コミュニケーションを交わすこともあります。
しかし仕事が始まれば、そのあとは特にコミュニケーションもなくなります。
仕事は流れ作業などの単純作業も多いので、トラブルなどが発生しなければコミュニケーションなしでも進んでいきます。
しかしいったんトラブルが発生すると、その原因追及や処理のためどうしてもコミュニケーションは必要になってきます。

 

また仕事を開始する時や休憩の合図をする前に、コミュニケーションを取ることもあります。
部署によっては確認作業のため、常にコミュニケーションが必要なこともあります。
しかし一般的には、仕事が始まればあとは特にしゃべることもなくなります。
工場の流れ作業の場合、私語厳禁のところも多くなっています。
仕事でおしゃべりがあると作業効率が悪くなるためコミュニケーションは必要ないのです。それよりも、一つの事を丁寧に継続して行う能力の方が必要とされています。
このように工場勤務の場合、一般的な会社と比べてコミュニケーションの回数も少なくなる傾向があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"