高学歴で工場勤務の仕事内容

高学歴で工場勤務の仕事内容

高学歴で工場勤務の仕事内容

一般的に工場勤務の仕事はあまり学歴を求められず、高校卒業程度の人達が就職される場所だと捉えられています。しかし、ある程度の規模を持った工場であれば、その中には専門的にな知識や技能が必要とされる職種もあって、そういう部分は大学の理工系学部などを卒業した高学歴の正社員を採用して担当させるようなケースもあります。もちろん、本人と会社が納得をすれば、どんなに高い学歴を持っていようと他の従業員と同じようなラインの作業をさせてもいいのですが、せっかく持っている専門知識は生かした方がいいはずです。

 

最先端の精密機器や部品を生産する工場では、常に新しい技術を取り入れることが必要であり、そのためには基礎的な理工系の知識が大学卒業レベルかそれ以上で求められることもあります。ただ単に決められたものを作るだけでは工場自体が他との競争に勝てなくなるので、新しい製品を生み出してライバルと競っていくためには、技術開発や研究、設計などの部門を高学歴の人達が担っていることも多いのです。特に、材料などに関係する化学的な知識や設計に関わる数理的な計算などは、現場で経験をすれば出来るようになるわけでもないので、きちんと学校で学んできた人が果たす役割が小さくないのです。

 

また、小さな工場を経営する会社では外部の専門家に委託するような事務系の仕事の中に、ある程度の規模になったら内部に担当者を置く方が効率的になるものがあります。経理・会計、労務管理や人事、生産しているものによっては特許や商標に関する法務などは、法律などの専門的な知識がないと出来ない仕事であって、きちんと学んで資格を持っている人が担当することになります。直接は生産に関わる仕事ではないのですが、ビジネスを成立させ、かつ継続していくためには必要不可欠な仕事だといえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"