工場の楽な仕事とキツイ仕事

工場の楽な仕事とキツイ仕事

工場の楽な仕事とキツイ仕事

ダンベルを持っている男性

重労働と軽作業の差

 

工場内にはいろいろな仕事があって、働く人の適正によってその配置が考えられるのですが、どうしても一般的に楽だと言われるものと、逆にキツイと言われるものが出てきます。

 

人によってその定義には違いがあると思いますが、肉体的な力が必要なものや衛生や安全の面で注意が必要なものは、キツイ仕事に分類されることが多いようです。逆に軽作業と言われるように力がそれほど必要ないものや、安全でかつ難しい作業を求められないものが楽な仕事であると言えます。

 

生産しているものによっては重くて大きな部品や製品を手で持って移動させなくてはいけない場合があります。

 

あまりに重いものは機械を使って運びますが、人の力で移動をさせなくてはいけないケースも考えられ、これらの仕事を頻繁にこなさなくてはいけない部署はキツイと言われます。ラインのレイアウトによっては不自然な体勢で重いものを持つこともあり、それが持てるだけの体力があるかどうかも考えなくてはいけませんが、とりあえず出来たとしても腰痛などの原因にもなり気をつけたいところです。

 

肉体労働以外にきついのは?

 

また、化学薬品や塗料を使う現場では、その匂いがキツイと感じることもあり、体質によっては健康に影響することもあって、人によって避けられる傾向にあります。職場では毎年健康診断が行われますが、それだけに頼らず自分自身で健康管理をしなくてはいけません。

 

第三者から見ると楽そうに見えるのは、重くなくて安全なものを扱い、特に難しいわけではない作業を淡々とこなしていくような仕事でしょう。これらの仕事は基本的に誰にでも出来るものが多いので、賃金はあまり高くないことが考えられますが、特別な能力が必要ないということは魅力にもなります。ただ、同じ作業を繰り返すことが苦手な人もいるので、そういう人にとってはこの仕事もキツイと分類されるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"