工場は人見知りでも働きやすい

工場は人見知りでも働きやすい

工場は人見知りでも働きやすい

工場における仕事の多くは、あまり頻繁に人とのコミュニケーションをとる必要がなく、勤務時間中は自分がやるべき業務に集中していることが望ましいものだといえます。特にラインの仕事などのなかには会話をしていると正確な仕事が出来ないので、むしろ稼働中のおしゃべりは厳禁だというケースも考えられます。したがって、他の職場や業界と比べれた工場は人見知りでも働きやすい職場だと言えるでしょう。

 

例えば飲食店や小売店の接客業務や、販売を担当する営業職などは、まさに人とのコミュニケーション能力が会社から求められ、さすがに人見知りでは仕事になりません。しかし、工場勤務で要求されることは、正確に同じ製品を作っていく継続性や、1つの業務を丁寧にこなしていく能力であって、相手にするのは人ではなくモノになります。材料の性質を理解すること、作っている製品に求められる品質を理解すること、使われる設備や機械を正しく使うことが大切で、対人的な能力はあまり高くなくても問題ありません。

 

もちろん、職場の人間関係が良い方が雰囲気も良くなり結果として生産活動にも良い影響を与えるので、最低限同じ現場で働く人との付き合いは出来ないといけません。工場では休憩時間がしっかりと確保されることも多く、その時間には同じグループの人達と交流をすることでチームワークが醸成されていくことにもなります。しかし、面白いもので、工場で働く現場の従業員やパート・アルバイトの人達には、必ず場の空気を読んで周囲を気づかえるコミュニケーション能力が高い人がいるものです。人員の配置においても、各グループに1人くらいはそういう人がいるように考えられるので、やはり人見知りでも働きやすい職場が工場であると言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"