工場勤務正社員管理職の給料

工場勤務正社員管理職の給料

工場勤務正社員管理職の給料

同じ正社員であっても平社員よりは管理職の方が当然給料が高くなります。少しでも給料を上げて生活を豊かにしたいのであれば、管理職を目指すのも悪くはないでしょう。工場勤務における管理職にもいろんなポジションが考えられますが、どれくらいの給料を受け取ることが出来るのでしょうか。

 

日本の工場では、いまだに年功序列的な給与体系を採用しているところも多くあり、まじめに働き続ければ少しずつ基本給が上がっていきます。管理職に就いている人はあるていどの勤務年数があるのがほとんどなので、まずこの分だけでも管理職の方が給料が高いことになりますね。安定した収益を上げている会社であれば、1年の違いで月給にして数千円からそれ以上の違いがあります。年間にすればそれなりの額になりますので、多少の嫌なことがあっても長く勤めるように努力した方がいいかもしれません。

 

さらに、工場の各工程においてのグループリーダーや課長クラスになれば、その役職の責任の大きさに応じて役職手当が付与されます。これも会社によっていろいろと差がありますが、1ランクごとに5千円から数万円くらいのところが多いようです。ただし、役職手当が付く管理職になると自分の仕事における裁量権が与えられるということで残業代がなくなることも一般的です。そのため、手当の分が丸々収入の増加にはならないこともありますが、トータルで考えればやはり平社員よりは収入が上です。会社の規模や業績にもよりますが、グループリーダーを含めた管理職の給料の総額は、20万円を上回るていどから30万円くらいの間を基本として、勤務年数による加算の分だけ違いがあるといったところです。もちろんこれよりもずっと高いケースも考えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"