工場勤務でいう軽作業とは

工場勤務でいう軽作業とは

工場勤務でいう軽作業とは

工場勤務の人材募集において仕事の内容が軽作業であると書かれているものがあります。その言葉の反対語としては重労働が挙げられるので、軽作業とはそれほどの体力を必要としない仕事であることを意味します。しかし、難しい専門知識を必要としないという意味合いを含むこともあるため、必ずしも重い荷物を運ぶことがないとは言えず、頻繁ではないにしても多少の力仕事が発生することは覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

工場で生産しているもが小さなものや軽いもの、あるいは食料品などであった場合には、その中で働く人の仕事内容はほとんどが軽作業に分類されます。ライン工であってもピッキング担当の物流要員であっても、扱う品物が重くはないので「軽い」仕事だということです。また、出来上がる製品が大きくて重いものであっても、例えばラインの作業であれば小さな部品を組み立てるだけの担当もあるので、このような場合も軽作業として募集職種に書かれます。しかし、小さくて軽い物でもまとまれば大きくて重くなり、たくさんの品物が入った箱を運ぶというような重労働も時にはあるかもしれません。

 

また、出来上がった製品をチェックする検品の作業も工場内にはあり、これも軽作業に分類されています。ラインで流れてくる出来上がった製品をマニュアルにしたがってチェックする仕事なのですが、その品物が重いものでなければ肉体的には比較的に楽な部類に入ります。ただ、工場内における軽作業は、短時間で終わる簡単な作業を延々と繰り返すものがほとんどなので、同じことを淡々と繰り返すことが苦手な人にとっては、むしろなんらかの重労働の方が向いている場合もあるでしょう。いずれにしても定義の広い用語なので、応募の際には出来るだけ具体的な内容を確認しないと後悔することになりかねません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"