工場で正社員になって子育てをする

工場で正社員になって子育てをする

工場で正社員になって子育てをする

工場で働くことのメリットのひとつに、比較的に勤務時間が固定的であるということが挙げられます。もちろん、2交代や3交代の勤務体制であれば、組まれるシフトの中で日によって勤務時間が違いますし、業務の繁忙ぐあいによって残業や休日出勤を求められることもあるかとは思います。しかし、それでも工場の稼働は一定の計画に基づいて行われているので、いつ帰れるか分からないとか、家に居てもいつ呼び出されるのか分からないということが少ないはずです。

 

そう考えれば、正社員として工場で働きながら子育てをすることも不可能ではなさそうです。子育てに必要なことは、養育のためのお金と子どもと一緒に居てあげる時間をなるべく多く作ることなので、ある程度の固定化された時間での勤務となる工場であればそれほど難しくはないでしょう。また、規模が大きな工場ならば働いている人も多いので、それぞれの従業員の事情によってのシフト調整も小さい工場と比べればやりやすくなります。そういうところに勤められれば子育てもしやすくなるでしょう。

 

逆に、顧客の事情などによって繁忙期が定まらない工場や、人数が少なくてシフトの調整がしづらい現場だと、子供の面倒を見てあげられる時間が作りづらくなり、延長保育や他に預かってくれる人を探したりする必要があるかもしれません。残業が多ければそれだけ収入が増えることも考えられて、保育園などにプラスで支払う金銭の部分は補えるかもしれませんが、子供と居られる時間が短くなってしまえばちゃんとした子育てが出来ているとは言えません。どれだけの収入でどれだけの時間を拘束されるのかを事前に確認し、さらに既に働いている人の中で子育てが出来ている人がいるのかどうかを採用される前に確認しておきたいところです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"