工場勤務に向いている人

工場勤務に向いている人

工場勤務に向いている人

鮭弁当

単調作業が好きな人

 

工場勤務の中で一般的に多く募集がかかっているのは、決まった作業を毎日繰り返すような単調なものです。しかも、繰り返される同じ作業をすべて一定以上の基準を満たした品質でこなさなくてはいけないので、意外と気の抜けない仕事内容だともいえます。

 

そのため、工場内の作業ではホワイトカラーの職場と違って昼休み以外の休憩が午前と午後にきちんと設けられているのです。

 

さまざまな仕事の分担がある中で、基本的にそれぞれの従業員は担当が割り当てられて、決まった仕事を毎日続けます。工場勤務で一番に向きと不向きが現れるのは、この同じ仕事をずっと繰り返すことが出来るかどうかと、その中で集中力を切らさずに一定のレベルで仕事を続けていけるかどうかです。

 

淡々と正確に同じ作業を続けていける人が工場勤務には向いていると言えるわけです。

 

現場によって向き不向きも変わってくる

 

ただ、企業によっては決まった形の既成品ではないものを作っている工場もあり、そのような現場ではこの限りではありません。

 

例えば、オーダーメイドの家具や顧客企業の要望にそった工作機械を生産するメーカーなどがこれに当たりますが、このような工場であれば基本的な技術が身についた後には、毎日少しずつ違った作業をその時々で考えながら進めていくことになります。自分がする仕事の中にクリエイティブな要素を求める人であれば、同じ工場勤務の仕事であってもこのようなビジネスモデルの現場を探したほうがいいでしょう。

 

さらに工場勤務の全ての職種で望まれるのは、既存の作業方法の中に改善点を見つけてよりより作業方法と製品を作ろうとする意識です。これはどんな仕事であっても大切なことなので、その意識を持っていることが工場勤務でもっとも大切にされる要素になるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"