工場の労働環境

工場の労働環境

工場の労働環境はどう?

仕事をするのであれば、労働条件が整っている職場で働きたいのは当然のことです。
労働条件が悪い職場であれば毎日残業は当たり前、しかも多くはサービス残業のところも少なくありません。
いわゆるブラック企業と言われていますが、ブラック企業を避けるためにも就職活動をしっかりと行う必要があります。

 

■工場の労働条件について

 

一般的な企業では勤務時間や休憩時間、また残業などの労働条件が決まっています。
入社する前に企業と労働契約を交わしますが、その中にそれら勤務時間や休憩時間なども記載されていますので確認しておいてください。
そのため残業する場合でも残業手当は支払われますが、中にはサービス残業を行っている人も少なくありません。
サービス残業であればいくら労働時間が長くても、残業代が支払われません。
そして一般企業と同様、工場の労働条件も気になります。
工場では交代制のところも多く、また人員に余裕があれば定時で帰れるところもあります。
しかし工場の中にも一般企業同様、サービス残業を行っているところも少なくありません。
そう言う時のために労働組合があります。

 

労働組合は工場と交渉をして給料や労働条件の改善を求めたり、従業員が働きやすいように職場環境の改善を提案したりして労働者を守ってくれます。
多くの工場ではこのような労働組合がありますので、入社した後に組合に入る人も多くなっています。
労働組合への加入は強制ではありません。すべて本人の意思にかかっています。
そのため未加入の人が多いのが現実です。しかし未加入の場合でも、組合の恩恵を受けることもあります。
工場ではこのように労働組合が機能していますので、労働環境はいいと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"