工場勤務の仕事内容

工場勤務の仕事内容

工場勤務の仕事内容

一言で工場勤務における仕事内容といっても、そこで行われるものにはいろいろな種類があります。もちろん、工場で生産しているものによっても多少の違いがありますが、概ねどの会社でも同じような分類になるものを紹介します。まず一番にイメージ出来るのが「ライン作業」ではないでしょうか。ベルトコンベアや台車に乗った作りかけの製品や材料を組み立てていく作業ですが、基本的には全体の工程の中の一部について担当して同じ動作を繰り返していくことになり、慣れれば誰にでも出来る仕事だといえますが飽きっぽい人には向かないかもしれません。同じ動作を淡々と正確に続けることが求められます。

 

このライン作業を管理する業務もあります。ライン作業は工程ごとにグループや班になって行うのですが、その単位にある人や物の管理をするので正社員が務めることが多いです。製品を流していく機械を操作したり、その機械にトラブルがあったときには対応したりもします。アルバイトやパートの人たちをまとめるコミュニケーション能力も必要で、人間的な魅力があると非常にやりやすい仕事だとも言えます。

 

工場には、実際に製品を作ること以外にも必要な仕事があって、それらを担当する職種もあります。例えば物流を担当する人達は、材料となるものや資材の納品管理からラインへの搬入、倉庫における在庫の管理などを行います。また、出来上がった製品を顧客への発送先ごとに梱包したり、製品の在庫から必要なものをピッキングしてくることなども物流担当の仕事で、伝票などを間違わないように読み取る正確性と、場合によってフォークリフトなどの運転も必要になることがあります。他にも、工場の現場には出ないで事務所で働く事務員としての仕事がありますが、多くの工場では経理や総務、人事に関する業務を担当しており、幅広い知識が要求される職種です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"